网赌网站

ホーム > 物件情報 > 設備概要

空調システム

北京発展大厦は日本の先進的なビル管理経験をもとに、北京市でインテリジェント化を最も早く実現したオフィスビルです。通信、警備、防災監視、建築設備などにおいて国際的な先進技術を用い、空調、照明、エレベーター、災害予防、変電や配電システム等は、いずれもコンピュータ自動制御機能を採り入れています。給水、給電、ガス供給、暖房などの面においても、国外の先進的な設備や制御技術を広く採り入れ、高品質の材料を使用し、ビルの安全と安定的な稼働を確保しています。

空調システム:
空調システムは全空気方式を用い、端末にVAV-BOXを採用し、自動制御部分は日本の山武機材株式会社(現:アズビル株式会社)の制御機器を採用しています。
暖房システム:
都市の熱供給パイプラインシステムを用い、2台の40万キロカロリーのAOスミスガスボイラーを別に設置しています。
換気システム:
独立した換気供給システムを用い、換気量は1人あたり50m3/hにも達し、国家設計の規範に要求される、1人あたり30m3/hの標準を遥かに超えます。
冷却システム:
冷却機は米国のトレーン製品で、3台の容量400冷凍トンの遠心式冷却ユニットと一台の容量200kwのスクリュー式冷却ユニットを採用しています。

エレベーターシステム

ビル全体には輸入した15基の日立製エレベーターが設置され、そのうち12基はお客様用、2基は消防用、地下室には1基の貨物輸送用のエレベーターがあります。
高速エレベーター:4m/s
低速エレベーター:2.5m/s

消防及び安全保護システム

网赌网站ビル全体でセコム防犯警報システム等も採用、技術水準は国際レベルに達しています。

監視カメラシステム :
死角のない映像監視を行っています。主な出入口、エレベーターの籠内、ガレージなど重要な場所では24時間録画、監視を行っています。
消防システム:
火災自動警報システム、消防連動制御システム、緊急放送システム、緊急電話システム、エレベーター稼働監視システムにより構成されます。
緊急避難施設:
各階毎に2つの避難バルコニーが設けられています。東南側のガラスのカーテンウォールの両側に位置し、緊急事態発生時には直ちにここへ避難し、避難はしごを使って二階のロビーの屋上に降りることができます。ビル内には非常用発電機及び非常用バッテリー設備が備えられ、緊急事態発生時には非常用発電機により電力を持続的に供給することができます。

電気システム

2系統で10キロボルトの高圧電源を受電しています。変電及び配電設備はフランスのMGE製です。2系統の電源は同時に稼働、相互にバックアップしており、緊急時には手動による切り換えも可能であり、電気システムの正常な運転を確保しています。
電気システム:フランスのMGE変電配電設備
電気容量:5,000KVA
照明:オフィススペースの照度は平均500lx/m2以上